月別アーカイブ: 2015年11月

産後一ヵ月から抜け毛が始まり半年続きました

産後に髪の毛がごっそり抜けてギョっとした経験のある方は多いと思います。
私も産後の抜け毛を体験しましたが、最初はやはり怖かったですね。
このままどんどん髪が抜けて、いつしかハゲてしまうのではないかという恐怖を感じていました。
ただ、周りのママ友に相談したところみんな多かれ少なかれ抜け毛の悩みを持っていることがわかったんです。
そのため産後の抜け毛は誰にでもあるということがわかり、恐怖心はそれほど感じなくなりました。
産後抜け毛
産後に毛が抜け始めるのは出産直後から2か月後、そして抜け毛が始まるとそのあと数ヵ月は抜け続けるようです。
出産を終えると女性の体は元に戻るためにホルモンバランスが急速に変化し、その際に髪の毛を始め全身の体毛が抜けやすくなってしまうらしいです。
私の場合、出産して1ヵ月後くらいから抜け毛が始まりました。
でも半年経った頃には抜け毛は気にならなくなり、薄くなっていた分け目も元に戻っていきました。
ですので産後の抜け毛は時間が経てばまた元に戻ります。
ただ、ストレスを溜めこんだり生活が不規則だったりすると毛が生えるまで時間が掛かるようなので、ストレスを溜めないということが大事ですね。
あまり深く考えて悩み過ぎるのも良くないと思います。

産後の抜け毛はホルモンバランスを整えることで改善が期待出来る

薄毛というと男性の問題と思われがちですが、女性でも薄毛になる方というのも多く、加齢の他には産後に抜け毛が増えるという例が多くなっています。

何故、 産後に抜け毛が増えるのかというと、これはホルモンバランスの変化が大きく関係しています。
毛髪の生育とホルモンというのは非常に密接な関係があり、産後 や生理の時期になるとホルモンバランスが崩れ、女性ホルモンの分泌量が減少したために男性ホルモンが多くなってしまうことがあります。その際に抜け毛とい う形で症状が現れるのです。

では、抜け毛を防ぐにはどうすれば良いのかというと、まずはホルモンバランスを元通りに戻すことが最優先となります。

出産後抜け毛
ホルモン分泌は夜間の睡眠中に多く分 泌されますので、夜はしっかりと寝ることが重要です。
午後10時~午前2時の間がホルモン分泌のゴールデンタイムと言われており、この時間にしっかりと 眠っているとホルモン分泌量が増え、美容にも良いと言われています。

また、食事も大事で、五大栄養素を満遍なく含むバランスの良い食事は当然のこと、疑似 女性ホルモンと言われるイソフラボンやエストロゲンの分泌を誘発するボロンなどを含む食材を摂るなども効果的です。

男性型脱毛症と違って産後の抜け毛というのは比較的簡単に改善出来るものですから、まずは規則正しい生活を心掛けるようにしましょう。
産後の抜け毛対策の方法はこちら

先を見越した頭髪ケア

私は20歳から頭髪ケアをしていました。

残念なことですが、私の父親と祖父は頭がバーコードとツルツルです。
20歳のころの私は髪の毛はフサフサですし生え際も広がりをみせていませんでした。

しかし、親や親戚がそのような頭をしているということは、私も近い将来同じ仕上がりになってしまうと危機感を感じ、 20歳という若さで頭髪ケアを真剣に考え行っていました。

海藻類が丈夫な髪の毛を育むと聞けば海藻サラダを食べ、毛穴に汚れが詰まっていればそれもまた発毛のリスクになると聞けばサク◯スを使い、適度な毛根の刺激が頭皮に良いと聞けば風呂あがりのサク◯スの育毛スプレーを使う…。
神経質にも思える行為の 数々ですが、10年経った今の状態と比べると行き過ぎた行為ではなかったと自負しております。
10年前と変わらず髪の毛はフサフサ、生え際もほぼかわりま せん。
起こった変化といえば白髪ですが、二年前を最後に姿を見せていません。

発毛に関する悩みは大方遺伝であると言われていますが、早めのケアをすること で遺伝に抗うことも可能なのではないかと体感しております。

まだまだ若い30代、ハゲたくはないものです、何も徳をしません。若々しく清潔に、人に隠し事 なく過ごしていきたいものです。